« マニア | トップページ | お気に入り »

2010年1月26日 (火)

近場でのんびりと

風向:北東
波高:3.0~2.0m
気温/水温:18℃/21℃ 
潮流/満潮: 中潮 +15:00 -09:03 
透明度:20m
----------------------------------------------
ボート/船長:SFⅠ/スズ
ガイド:ウチダ
ゲスト人数:2名.
他ボート: 
-----------------------------------------------
ポイント
1本目:千代頭
2本目:阿波連ビーチ西
----------------------------------------
コメント:本日も風が強く、近場のポイントです。しかし、リクエストがチョウチョウウオなので、むしろOK

P1260160_2 昨日からのNさんご夫婦

腕を組んでの仲良しポーズが決まってます

チョウチョウウオ科は、カガミ、トゲ、セグロ、ミゾレ、チョウハン、スミツキトノサマダイ、アミ、ミスジ、ヤリカタギ、フウライ、カスミ、スダレ、フエヤッコダイ、ミナミハタタテダイ、ツノハタタテダイなど

普段こんなにチョウチョウウオを紹介することがなく、あとの生物はまったく紹介せず

Nさん撮影中は、次のチョウチョウウオ探し

P1260142 ウロウロしながら途中で違う生物を観察したり、写真を撮ったり、私的にものんびりとガイドさせて頂きました

右の写真は、テンス幼魚。砂地をウロチョロしていて、近づきすぎると砂に潜ってしまいます

成魚になるとオバQみたいな顔になりますよ

P1260148

左の写真は、クロスズメダイ幼魚。

成魚になると体全体の体色が紺一色になります。魚の世界では、幼魚のほうが色合いが綺麗なことが多いんです。

そんなことから、観賞魚として人気があるそうです。

P1260156

最後は、阿波連ビーチでのテングカワハギ。

サンゴのポリプをつまみながらの移動中

とてもかわいらしく、好きな生物のひとつですが、なかなか写真をうまく撮らせてくれません

このポイントはサンゴも綺麗で、チョウチョウウオの幼魚も多く、のんびりと潜れます。

興味のある方は是非、リクエストして下さい

|

« マニア | トップページ | お気に入り »

画像付」カテゴリの記事

ダイビング」カテゴリの記事

渡嘉敷島」カテゴリの記事

☆ウッチー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニア | トップページ | お気に入り »